耳の聞こえない親から生まれた子供だが1000人規模の会社役員してるカリスマCODAくん

☆プロフィール・両親が聴力障害者・2つ上の姉(健常者)・コーダくん(健常者) 聴力障害者の親をもって思春期は特にキツかった。今は両親が大好きで大切。特に思春期コーダみてくれ、お前だけじゃない、大丈夫だぜ!

CODA(コーダ)とは?

f:id:kintarou1192296:20191210205904p:image

 

コーダって何?

と言う疑問を持つ方も多くいるので説明のせるね。

 

CODA(コーダ)

「Children of Deaf Adults」

の頭文字をとったもの

 

deafは耳が聞こえないって意味

 

わかりやすく言葉にすると

 

・聞こえない親を持つ聞こえる子供

 

つまり聴力障害者の息子か娘だよ。

 

ちなみに聴力障害者の事を

・聾唖者(ろうあしゃ)

・聾者(ろうしゃ)

とも呼ぶことがあるよ。

 

このブログを書いてる俺自身は

両親ともに一級聴力障害者だから

100%コーダだよ。

 

ちなみにコーダである俺自身も

2年くらい前までCODAっていうくくりに

自分がなっていることを知らなかったわけ。

本人も知らなかったんだから

健常者(五体満足な人)の人は

ググる事もないし聞く事もほとんどなかった

人が多いと思う。

 

俺が知ったキッカケはYouTube

ゲーム実況みてて面白い実況者が

コーダって名前だったのよ

で、Googleでコーダのゲーム実況調べてたら

コーダ(聞こえない親をもつ聞こえる子供)

ってのが出てきて 

 

びーーーっくり

したのがコーダを知れたキッカケ

 

運命を感じましたよ。

 

ハイッ

 

でね、俺は中学、高校時代

親が耳聞こえない事が

 

・凄く辛くて

・恥ずかしくて

・周りに隠して

・でも両親の事が好きだから恥ずかしいと思っている自分をダメな息子だと思っていて

 

過ごしていた

もじもじコーダ君だっただけに

コーダと呼ばれる自分と同じ環境の仲間に

名前が付いていて

 

しかも!

 

その方達の体験談をみてたら

悩んでいた内容も自分が悩んでいた事と

そっくりで、それを見つけた時は素直に

 

すっごく嬉しかった

 

ほんっとに嬉しかった。

もう30歳超えてんのにさ。

 

自分だけじゃないんだ

 

って言う事がこんなに救われるなんて

知らなかった。

 

俺は友達には明るいお笑いキャラで

悩みなんてないだろう

と見られていたと思う。

だけど心にずーっと

親の事が引っかかってた。

 

だけど二十歳を超えた辺りからは親を思う

気持ちが変わってきてさ。

 

両親共に障害を持っているけれども

 

・仕事をしてお金を稼いで自分達兄弟を育て上げてくれた

 

・まわりの耳が聞こえる親と差がでない様に

頑張って自分を教育して可愛がってくれた

 

・俺や姉に

耳が聞こえない親なんて嫌だ

恥ずかしいから迎えにくるな

なんで耳が聞こえないんだ

 

など凄くひどい事を言われても決して落ち込んだ姿を見せずに強く育ててくれた。

 

今では感謝尊敬しかないよ!!

 

で、このブログを作った理由は

 

・親の事で悩んでいるコーダ達に俺が体験した

エピソードを伝えて

【 自分だけじゃ無いんだ 】

という事を教えてあげたい。

心を楽にしてあげたい。

 

これが第一の目的。

 

それと

 

・聴力障害者のお子さんを持つ親御さんに

【聴力障害があっても必ず幸せになれる

って事を伝えたい。

 

・聴力障害があっても仕事ができる。

 

・家族を持つことだって出来る。

 

・子供を授かる事だって出来る。

 

さらに言えば障害を持つ子供が産んだ子供、

つまり孫にあたる子供も

聴力障害者の息子に生まれて良かった。

と、思わせる事だって出来る。

(実際に俺がそうだから。親は聴力障害者だがこの親のもとに生まれてこれた事を幸せに思っている。

 

あとは健常者の方が聴力障害者やコーダの事を知ってくれる事も嬉しいな。

 

*でも、一つだけ注意点がある

俺的な意見だけどね!

 

俺が親に言われて傷ついた言葉

 

「耳の聞こえない親でごめんね」

 

この言葉はなるべく言わない方がいいと思う。

なぜならこれを言われてしまったら

 

自分はかわいそうな子供なんだ、、

 

って思ってしまうから。

俺は1度だけ母親から言われた事があって

凄く落ち込んだよ。

 

多分だけど

「耳の聞こえない子供に生んでごめんね」

 

と、言うのもなるべく言わない方がいいと思う。

 

障害者が育てる場合も障害者を育てる場合も

強い気持ちで前向きにいた方が

親も子供も幸せになれると思うな。

 

こんな文章めちゃくちゃで選ぶ言葉も汚い。

読む人を傷つける事も書く。

(すでに何名か傷つけました。調子にのっていました。本当にすいませんでした。)

 

 

ブログだけれども伝えたいから書き続ける。

賛否両論ある内容になるけれど

ここにたどり着いたのもなにかの縁だから

のぞいて下されば嬉しいです。

 

もしも近くにコーダな友達がいたら

傷つかない様にそっと

このブログを教えてくれれば

すっごく嬉しいよ。

 

最後に悩んでいるコーダのみんなへ

 

 

大丈夫お前だけじゃない

 

 

コーダの説明↓

 

☆Wikipediaから

 

コーダは、産まれた時から親を通して、ろう文化との関わりを持つ。また、音声言語よりも先に視覚言語-手話を身につけることが多い。この為、コーダが手話と音声言語のバイリンガルとなる率は高い。

コーダのアイデンティティは複雑であり、社会学者による研究の対象となっている。ろう文化や手話に誇りを持ち、手話通訳者となるコーダも少なくないが、逆にろう者の親から生まれたことにコンプレックスを抱くものも、かつては多かった。こうしたコーダの中には、家庭外では一切手話を使わず、手話を捨てる者も居るとされる。NHK手話ニュースキャスターであり、手話通訳士の田中清と丸山浩路はコーダであるが、丸山は長い間自身がコーダであることを公表していなかった。こうしたことからも、コーダの置かれた複雑な状況を推察することが出来る。

一方、彼らより若い世代のコーダであるこころおとの武井誠は、自身がコーダであることを積極的にアピールし、ろう文化の紹介やろう文化と聴者の文化の融合に取り組んでいる。 自身もコーダであるポール・プレストンが著書『聞こえない親をもつ聞こえる子どもたち――ろう文化と聴文化の間に生きる人々』(現代書院 2003年)のなかでコーダについて述べている。

 

 

 

中津真美さん五十嵐大さんすげーいい!

 

f:id:kintarou1192296:20200924231940j:image

 

 

https://t.co/l3beSwt0f9

 

 

Twitterから見ることになったんだけど

中津真美さんが話してること

五十嵐大さんが書いてること。

 

すんげー共感している。

 

 

この文章の中で特に興味を持った部分が

ここ

記事の切り抜きだよ。

 

「研究を続ける中で、青年期のCODAを親子関係の側面から大きく3種類に分類することができました。ひとつは聴こえない親への感情を爆発させるタイプ。親への不満を口にしたり、存在を否定したりする人たちですね」

「もうひとつが本当に親と良い関係を築いているタイプそして最後が、親を守らなければいけない、聴こえない親の子どもだからいい子でいなければいけないと思い、自分の気持ちを抑え込んでしまうタイプ。この3番目のCODAがとても心配なんですよ」

 

 

って所に興味しんしんマルなったのよ。

 

 

俺的な解釈で簡単に3つを書いてみる。

違ったらメンゴ^_^てゆうか

違うと思うけど書くね

 

 

1.親への不満を爆発させるタイプの特徴

 

「恥ずかしいから授業参観こないで」

「外で手話やるな恥ずかしい」

「通訳するのめんどくさい」

「なんでふつうの親じゃないのさ」

 

などを親に言う子供。

おそらく手話を覚えない割合が多いかも?

 

 

2.本当に親と良い関係を築いてるタイプ

 

「わからない事あったら私に言ってね。電話も任せて」

「授業参観見にきてね」

 

って事を普通に言えそう。

友達にも親が障害者な事を隠さない。

基本的に手話を覚えている割合が多いと思う。

【俺は全然そのタイプじゃなかったからわからんです】

 

3.自分の気持ちを抑えていい子にしているタイプ

 

自ら進んで親をサポートはしないけど

頼まれたら助ける。

助けなければいけない時も気づいてはいるもののたまにスルーする場合もある。

 

で、自己嫌悪を感じる。

 

手話は出来る方多いかもね?

 

 

この先は

ほんっとコーダくんとしての自分の勝手な想像と経験で書くから怒らないで読んでね、

ふーん、、

くらいで見て欲しいけど

 

俺的には

 

3番のコーダが割合的に多いとおもう

 

 

で、

 

 

一つ言いたいのが

 

 

俺は

1番が80%

3番が20%

 

の割合の青年期コーダだったよ!

基本的には1番の文句を親に言いまくる

子供だったんだけど3番の

いい子ぶる部分、自分を押し殺す部分も

あったね。

1つに決まってはなかったって話。

 

 

もちろん中津さんもそんな事は100も承知の上で読んだコーダへ

 

・伝わりやすいように

 

・心を楽にしてあげやすい様に

 

 

分かりやすくハッキリ3つに分けて書いてくれたんだろうね。

 

うん。

わかりやすくて感動した。

 

 

それも踏まえた上で俺が感じるのは

 

 

1番の時もあるし3番の時もある

って感じのブレンドコーダがおおそうだなーっ

て思ったよ!

 

 

なんか場面場面で親に思うことって変わるし年齢でも変わるよね。

 

 

ちなみに自信持って言える事は

 

 

僕は2番ではありませんでした

 

 

って事は確かだね。

しかーし年齢を重ねて1番の割合が減ってきた

注目して欲しいのは

3番に関してはゼロになる

 

時系列で言えばこんな感じ

 

0歳〜18歳  1番80%  3番20%

 

18歳〜21歳  1番40%2番50%3番10%

 

21歳〜現在  1番20%2番80%

 

 

今でも1番が20%残っとるんかーい

 

って思ったでしょ^_^

 

でもそんなもんだね。

頼み事されるとイラッとしちゃうのよ

40歳ちかくなってもさ^_^

 

 

うけるよね?

でもすごく仲良くなってる!

良い意味で耳の聞こえない事をネタにしながら

ワイワイやってるよ^_^

 

あの時こうだったねー

 

とか

 

 

あの時死ぬほど嫌だったよー

 

とか

 

馬鹿みたいだったねー

 

とか話せるもんね。

 

 

ちなみに21歳から割合が2番に偏ったのは

自分に子供が生まれて親になったからだよ。

そうなれば親の障害を逆に尊敬出来る様になったな。

 

18歳から3番が減ったのは

高校生までって結構世間が狭いじゃん、

そのあと俺は専門学校行ったんだけど

高校生以降って友達が家に来ることもほとんど無くなるし

そもそも親の話にもならないから

今、親が恥ずかしくて堪らないコーダたちよ

 

 

高校生卒業まで我慢してくれ!

そのあとは楽だぞ!

 

 

って事を教えとく^_^^_^

無責任でうけるでしょう^_^

でも実際そんなもんよ^_^

 

 

その先は悩んでるコーダ達へ見て欲しいから

俺が思春期時代に親へ吐いた

暴言を載せるね!

ほんとにひどい罵声浴びせてたから

書くのもどうかなぁって思うけど

俺が親に吐いてきた暴言と

今、自分が親に吐いている暴言を比べて

気を楽にしてくれ!

多分俺のがひどいからさ。

 

すんごく気分悪くなる人もいるだろうけど

その人は読んだこと忘れて

俺を愛して下さい^_^

 

いくぜっ

 

 

〜コーダくん思春期時代の親への暴言集〜

 

・ぶっ殺すぞ(実際殴りながら)

・何喋ってっかわかんねーよ

・声きもちわりーんだって

・紙にいちいち書くなばか

・まじめんどくせーはなしかけんな

・おまえたちあたま悪いんだって

・オマエノセイデバカニサレル

・家に友達よびたくないんだって

・ほんとに恥ずかしいから友達のみえるところにくるな

・なんで電話できねーのや

・おまえ達は常識わかんねーな

・手話やるな恥ずかしい

・ふつうの家に生まれたかった

・おまえ達のせいだ

・めんどくせー(挨拶代わり)

 

 

書きながらすっごく落ち込むなこりゃ

 

でもいいのよ!

やっちまった事や言ってしまった事で落ち込んでもしょうがないからね!

これからと仲良く親とワイワイしていくよ!

 

だって、今自分に2人の子供がいるけど

その子供達にこう言うひどい事言われても

 

 

一生わすれねーからなこのやろう、

 

 

なんて思わないもん。

そん時機嫌悪かったんだろなー

とか全然気にしないもんな!

 

言い放った本人はずっーと

 

 

下手すりゃ

 

 

何十年も

 

 

まして親が死んでたら一生

 

 

あの時あんなこと言ってごめんね、、

 

 

って思いがちだろうけど

 

 

自分の子供にはどんなこと言われても

なーんとも思わないし忘れるよ!

 

無償の

 

だよね。

だから気にしてる人いたら忘れよっ!

んで、

 

 

今の現状を大事に大切にして行こうぜい!

って話^_^

 

 

なんか

 

中ちゃんといがちゃんの記事みたら熱くなってブログかいてもうた^_^

 

 

眠いから寝る!

 

またね!

 

 

コーダたちラブだぜー^_^

 

 

チャオ

 

 

 

 

 

親に恥ずかしい事を伝えるべきか??

f:id:kintarou1192296:20200924215624j:image

 

 

ヤッホー^_^

 

 

お久しぶりぶりざえもん

 

 

けつ穴ウォシュレット派のコーダこと

 

 

タキシード仮面です。

 

 

月に変わってブログ書きました。

 

 

で、

 

 

今日のテーマは

 

 

親に恥ずかしいことを伝えるべきか?

 

 

 

で、いくぜ!

 

 

どういうことかって言うと

 

 

中学、高校時代の思春期コーダたちにはあるあるだと思うんだけれども

 

 

 

例えば友達が家に遊びにきた時

 

 

 

又は授業参観に親がきた時

 

 

 

 

親が手話をしたり身振り手振りで会話するのを

自分の友達に見られる事を恥ずかしい

 

 

 

って思う思春期コーダは多いと思うわけよ!

 

 

 

俺は間違いなくその部類で

 

 

 

親には悪いけど

 

 

まじで

 

 

死ぬほど

 

 

穴があったら入りたくなるほど

 

 

他人のフリをしたいほど

 

 

 

めっちゃくちゃ

 

 

 

聴力障害者の親を友達に見られるのがはずかしくてたまらなかったのさ

 

 

 

全然さ、親が悪いわけじゃないのは百も承知の上なんだけれども

 

 

 

自分の本能が恥ずかしいって思っちゃうわけ

 

 

 

ごめんだけど恥ずかしいものは恥ずかしいのよ

 

 

 

んで、こっから今日のテーマの本題

 

 

3つのパターンを例にあげるね!

 

 

自分の親に

外で手話してるの友達に見られるのが恥ずかしいからやめてくれっ

 

 

 

って伝えるタイプと

 

 

恥ずかしいけど親に言うのはかわいそうだから

我慢する

 

 

 

ってタイプと

 

 

 

親が聞こえないけどそれは恥ずかしい事ではない、と堂々としていられる

 

 

 

ってタイプ

 

 

 

に分かれると俺は思うのさ

 

 

 

もちろん

 

 

 

③の堂々としていられる事が一番素晴らしい事なのはしってるけど

俺はそんな気持ちは持てないコーダだったのさ

そんなキリストのような心の広い

人間ではありませんでした^_^

 

 

が、

 

 

しかーし

 

 

わかっちゃいるけど

 

 

 

③の様になれない

コーダの方が多いんではないかな?

と、勝手ながらだけど思うわけよ

  

 

 

で、そんな悩めるコーダ達にオススメの

行動があるのさ

 

 

それは、

 

 

 

親に

『友達に手話見られるの恥ずかしいから外で

あまりやらないで、ごめん

でも他の人に見られるのが嫌なだけだから 

家ではバリバリ手話使ってくれよ

たくさんコミュニケーションとろうぜ!

 

 

 

って言うのが俺はベストだと思う。

 

 

 

親にも嘘ついてないし

 

 

 

親を傷つけるかもしれないけど

本音で話すって事が大事だろ!

 

 

 

それで怒ってくる聴力障害者の親も

もしかしたらいるかもしれないけど

 

 

 

それが今の自分の気持ち

 

 

 

って事を本音で話す事で

 

 

 

コーダとして生まれた自分の使命

 

 

 

と、この先も正直に向き合えていいじゃんか

 

 

 

そのあとギクシャクするかもしれないけど

 

 

 

本音で親と向き合おうとした事で

 

 

 

コーダとしての自分の自信にもなるよ!

 

 

 

親も理解してくれる事が多いと思うけどな?

 

 

 

多分^_^

 

 

 

とはいえ

 

 

 

俺が思春期の時は親に

 

 

 

恥ずかしいから外でやるなー!!

 

 

 

オラー!

 

 

ふざんけんなクソ!

 

 

ぶっ○すぞ!

 

 

 

 

などなどガチギレくそ暴言で

怒鳴りつけてたから

 

 

 

偉そうに言える立場でもないんだけれども

 

 

 

今思えばそうすれば良かったなーって

 

 

 

反省してる、、。

 

 

 

まぁ、先輩コーダのアドバイスだと思って

 

 

聞くだけ聞いてチョンマゲ

 

 

おいっ!

 

 

 

そこのコーダくんコーダちゃんたち

 

 

 

こんなやり方もあるって頭のかたすみの

 

 

ほんのちょこっとにでも

 

 

 

覚えておいてくれよな^_^

 

 

 

マジで親が恥ずかしくて

 

 

障害者の子供として生まれた事を

 

 

不幸だ、、ハンデだ、、なんで私だけ、、

 

 

 

とか思ってるコーダもいると思うけどさ。

 

 

 

悩んだとこで変わる事じゃないしさ。

 

 

 

本能が悩ませるんなら悩む事もやめれないじゃんか。

 

 

 

だから

 

 

悩みながらも前向きに

 

 

 

親にも自分にも正直に

 

 

 

生きていこーうぜい!

 

 

 

絶対大人になったらコーダとして

 

 

 

生まれてよかったって思うからさ!

 

 

 

ほんとだってば!

 

 

 

疑ってるだろ??^_^

 

 

 

今は、綺麗事いうなこのくそコーダくんっ

 

 

 

てこのブログ読んで思うと思うけど

 

 

大丈夫

 

 

 

時間が何年も経てば

 

 

絶対親を誇りに思えるようになるよ

 

 

障害者の子供として生まれてこれて

 

 

ついてるー^_^^_^^_^

 

 

って思えるよ^_^

 

 

最後に毎回伝えたい事をのせとくぜいっ

 

 

 

 

大丈夫。

 

 

お前だけじゃない

 

 

 

 

ってことさ

 

 

ほんじゃ

 

 

またねー

 

 

ばいばいきんたま

 

あんぽんたーん^_^

 

 

 

レッツコーダ

 

コーダのブログ面白そうな女の人見つけたぜ

f:id:kintarou1192296:20200417130038p:image

 

 

 

ついさっき久しぶりーふに

 

 

Twitter見てみたらさ

 

 

面白そうな女の人のブログ見つけたから

 

 

 

はっとくぴよーん

 

 

 

男ももちろんそうなんだけど

 

 

 

女性コーダの人は

 

 

結婚

 

 

出産

 

 

に関して聴力障害者の親を持つことが

 

 

重荷になる場合も想定されるからさ

(悔しくて悲しいけど現実)

 

 

 

なんか色んな人の心を楽にする

 

 

 

 

記事もかかないとなーっ

 

 

 

 

 

今思った。

 

 

後ろ姿美人だし

 

 

 

バシバシ読んでみる!

 

 

 

 

 

 

https://twitter.com/amy199276/status/1249274404967604229?s=21

 

母親が言った怖い一言

f:id:kintarou1192296:20200123160645p:image

 

この世で1番怖いのはお化けです!

 

 

そんなコーダ君です!

 

 

ブログ書きます!

 

 

今日のテーマ

 

 

母親が言った怖い一言

 

いくぜっ

 

 

あれは俺の1人目の子供を嫁さんが妊娠している時の出来事

 

 

いまから十三年くらい前の話。

 

 

結構生まれる日が近くなっていて

 

 

嫁さんのお腹も大きかったのよ。

 

 

んで、俺の実家に

 

コーダ父

コーダ母

コーダ君(俺)

コーダ嫁(妊娠中、健常者)

 

 

 

で4人でくつろいでて、子供まれたら

 

 

アーダネこーだね

 

 

いいながら話してたのよ。

 

 

俺も嫁も初めての子供だし

 

 

コーダ父コーダ母からしても初めての孫だし

 

 

楽しく話していたのね。

 

 

んで穏やかな時間が流れていた空間を

 

 

コーダ母の一言が凍りつかせた

 

 

その一言がこちら

 

 

コーダ母

「耳の聞こえない子供が生まれてくればいいなー♡そうすれば私と手話できるわ♡」

 

 

 

 

エッ??

 

 

 

おいおい母さん、、、

 

 

 

コーダのオレならともかく

 

 

健常者の嫁が聞いたら引くぞ、、。

 

 

 

ゾッ

 

 

とした一言。

 

 

 

嫁さんは冗談と思って笑ってたけど

 

 

あんときのコーダ母の目はマジだった。

 

 

 

俺、

 

 

 

ゾッとした。

 

 

 

結果健常者の子供が生まれて

 

 

今では笑い話^_^

 

 

 

怖い話だろ、、。

 

 

 

またね!

 

 

 

 

 

 

 

手話対するトラとウマが消せない。

 

 

f:id:kintarou1192296:20200123153411p:image

 

 

 

なんか今日はペンがはかどるから

 

 

 

もう一発書いちゃうもん^_^

 

 

今日のテーマ

 

 

・手話にトラとウマがある、、、

 

 

だよ。

 

 

トラとウマとか言いましたが

 

 

 

トラウマね、、。

 

 

 

ほんっと自分でもダメな事だし

 

 

大人なったんだから直せやっ!

 

 

と、思う部分なんだけど

 

 

30歳半ばの今でさえ

 

 

 

どうしても手話を自分がする事に対して

 

 

苦手意識が消えないのよ。

 

 

 

弱いよねー、、俺。

 

 

 

最近YouTubeみてて

 

 

ハンドサインって手話グループ

 

 

を素敵やん!

 

 

かっこいいやん!

 

 

って涙流しながらPVみたりさ。

 

 

コーダ友理子って人が

 

 

手話とラップのコラボしてるのみて

 

 

きたきた!これこれ!

 

 

手話でガツンと決めてやれ!

 

 

 

フゥーフゥアフゥアフゥー

 

 

かっこいー!

 

 

 

とか、思ってるんだけどさ。

 

 

 

 

ほんっと手話出来る人には申し訳ないが

 

 

 

手話を自分がするのは恥ずかしい

 

 

が心の奥底から消えない。

 

 

というか消せない。

 

 

 

手話は恥ずかしい事

 

 

親を変な目で見られる行為

 

 

親が耳聞こえないの隠そう!

 

 

 

って思って思春期を過ごしたオイラは

 

 

歳をとってもそこは治ってないのよ。

 

 

ほんと、、

 

 

 

ごめんっ

 

 

て思う。

 

 

立派な事!一つの言語!差別など無くなれ!

 

 

 

と、心では思うんだけど

 

 

 

本能では手話をする事が

 

 

 

恥ずかしいんだよな。

 

 

 

いつか治るんかな??

 

 

 

直せるもんなら直したい

 

 

 

自分のダメな部分。

 

 

 

いつかすんなり手話を出来る様に

 

 

 

なりたいぜ!

 

 

 

うん。

 

 

ほんと自分のダメな部分。

 

 

しかし自分のその時その時の感覚を信じて

 

 

素直に

 

 

コーダとして生きていくぜ!

 

 

 

よろしく!

 

 

俺の中の

 

 

トラもウマも

 

 

ウンチョコチョコチョコピー

 

 

 

だ!

 

 

コーダがもつ能力^_^^_^

f:id:kintarou1192296:20200123150831p:image

 

 

 

 

まいどおおきに!

ブログさぼりまくってるカリスマコーダ君だよ!

 

 

今日のブログテーマは

 

 

○コーダがもつ能力

 

 

について書いていくぞ!

 

 

 

ちょっと自慢するから聞いて^_^

 

 

 

俺はいま1000人位いる会社で

役員をやってるんだけどさ

いま30半ばの歳なのよ。

 

 

 

んで、今の会社入ったのが20歳の頃だったんだけど出世がめちゃくちゃ早かった訳よ

 

 

22歳で店長

 

26歳でマネージャー

 

30歳で統括マネージャー

 

現在 役員

 

 

ってな感じでうちの会社で

過去に例がないくらいのスピードで出世していったわけよ。

 

 

 

あ、自慢だからハイハイって聞いてね^_^

 

 

 

でさ、なんでこんな早く出世出来たのかな?

 

 

 

って思うじゃん?

 

 

 

その理由の一つが

 

 

他人がなにを考えてるか

わかる能力

 

 

 

が、俺には普通の人よりもあると感じる。

 

 

 

自分で言うのもなんだけどさ。

 

 

 

例えば

 

 

 

 

朝、スタッフが

 

 

おはようございますー。

 

 

って来た時の声のトーンとか表情

 

 

でなんとなくそのスタッフの

 

 

メンタル面が分かるんだよね。

 

 

 

一緒に仕事をしていけば尚更

 

 

 

その能力が生かされてきて

 

 

コイツにはこう指導しよう

 

 

コイツはいま悩んでいる内容はこれだな!

 

 

とかバンバン本能で感じる訳よ

 

 

だからその本能を信じて指導や気配り

 

 

を続けてきた結果

 

 

俺を慕ってくれる部下が

 

 

いーっぱい増えていくのよ。

 

 

コーダ君の為に力を貸したい

 

 

コーダ君と働きたいです。

 

 

 

とかなっていく訳よ。

 

 

 

なんでそんな能力があるのか??

 

 

についてだけど

 

 

確実に言えることは

 

 

親が聴力障害者

 

 

だから身についた部分が大きいのよ

 

 

これホント思うぜ!

 

 

俺は手話を覚えないって拒否したタイプの

コーダだから基本親と話す時

 

 

口話

 

 

なんだよね。今でもそう。

 

 

口話する時って相手の表情や口の動きを細かく観察しないと伝わりずらいのね。

 

 

 

だから基本相手の目を見て顔全体を見て

こういっているんだろうなー?

 

 

っていうあやふやな部分も頭で整理して

理解する。

 

 

 

っていう行動を何十年も続けてきたから

人の観察力が上がったんだと思う。

 

 

この能力についてはほんっと

 

 

耳の聞こえない親のもとに生んでくれて

 

 

 

感謝

 

 

に思う。

 

 

 

大人になって仕事してから気づいたことだから

思春期の時はコーダな環境が

将来役に立つなんて思ってなかったけどね^_^

 

 

 

だーかーらー

 

 

いま親の事で悩んでるコーダ達

 

 

元気だせよっ

 

 

 

て話^_^

 

 

良いこともあるんだぜい!

 

 

自慢話

 

 

 

またなっ^_^

 

親が障害者だからイジメをうけたか??

f:id:kintarou1192296:20200111000446p:image

 

 

皆様

あけましておめでとうございます!

 

 

読んでくださる方々

今年もコーダくんブログよろしくお願い致します。

 

 

あけましておめでたまきん!

これからもヨロシくんくん

 

 

と、行った方が正しいですね!

 

 

ハイッ

 

 

・今回のお題

 

親が障害者だからイジメられたか?

 

について

 

結果から話ますと、、、

 

 

 

 

親が障害者って理由でイジメられた事はありません

 

 

幸いにも周りの友達に恵まれてたんだと思うね

 

 

やーいやーい

親が耳聞こえないくせにーっ!

 

 

なんて事は高校卒業するまでほとんどなかったよ。

 

 

ただし

イジメられた事はないが

 

親が障害者の事でいじられた事は何度もある、イジメではなくイジリ程度

 

は、

軽いのはあったけど俺の中で流せる位のレベル。

 

 

 

本当に親友と呼べるような友達が

冗談で親の喋り方真似したりする事

よくあったけど、

(これはコーダ友達あるあるだと思う)

 

 

 

それはあくまでお互い気分悪くならない程度

の冗談のキャッチボール的な時だけ

 

 

だから

親が障害者って事で友達にほんっとに

嫌なこと言われたのは高校二年生の時に言われた一回だけ。

 

 

 

しかも同じグループの仲良い男友達。

 

 

いや、

 

 

元友達と言った方が正しいね。

 

 

その元友達が俺に言った言葉は一生忘れない。

 

 

○そん時のシチュエーション

 

俺含め仲良い男3人で話してて

なんとなく障害の話もおりまぜながら

冗談まじりで話してたんだけど

 

 

そいつに冗談で

 

 

 

「障害者みたいなことやめろって」

 

 

とか3人で話してた笑い合ってたら

 

 

 

いきなりそいつが真顔で

 

 

「コーダ君の親だろ本当の障害者は!」

 

 

 

って空気変えるような一言。

 

 

 

今言わなくてもよくね?

 

 

みたいな

 

 

 

全然笑えないけど

 

 

みたいな

 

 

 

 

なんか

 

 

 

強烈にムカつく言い方とタイミングで

言ってきたんだよね。

 

 

 

キャッキャ楽しんで話してたのに

 

 

 

もうめっちゃムカついた

 

 

 

そん時に本当に心の中で

 

 

 

コイツと友達やめよう

 

 

 

 

って思ったね。

 

 

その件だけじゃなくて

その前から嫌な所多かったしね。

 

 

 

まぁ

 

 

 

その元友達は性格に問題あったから

 

 

 

結局俺以外の友達もだんだん距離置いて

 

 

 

高校卒業と同時に縁は切れた。

 

 

 

友達たちも縁を切ってたね。

 

 

 

うん。

 

 

言っちゃいけない事ってあるし、

口が滑って言ったとしたら

友達関係の時は素直に謝るのが

1番だよね!

 

 

 

って話。

 

 

人間素直が1番だね。

 

 

 

もしも親が障害者だからイジメられてる

人がいるとしたら

 

 

 

自分は悪いことしてない

 

 

って部分を絶対忘れないで

 

 

弱気になる必要は無いよ。

 

 

他にもアドバイスいっぱい浮かぶけどさ。

 

 

一つ確かな事は

 

 

本当に

 

 

自分は悪い事して無いじゃん。

 

 

まずそっから自分を洗脳して

 

 

進むといいぜ!

 

 

 

って話^_^

 

 

ちなみに元友達はその7年後位に

亡くなったみたい

 

 

 

しばらくブログサボったけどたまに書くね!

またね!